忍者ブログ
日々の出来事や感想を「たわごと」として言いっ放しで掲載。 で何日がすれば一旦お蔵入りor削除。 その後、残してもいいかな?ってものは蔵出しをしています。




WRITE | ADMIN

ブログ内検索
アーカイブ


忍者ブログ
[PR]
2018/08/21...(Tue)...19:40...
「弦交換 料金」で検索するとある楽器店は弦交換手数料が普通のエレキで600円(弦代金別)ということらしい。高いのか安いのかわかりませんが、作業からすれば妥当だと思います。

うちはライブハウスでもあるし、ライブ時にもし切れたら自分で換えられるようになってもらいたい。だから「やりかたを覚えてもらうこと」を条件にずっと無料で交換してます。

が、楽器屋さんって利益は低く弦1セット(600円程度)売れても利益は100円ほど。その100円で弦交換を代行しながら教えるという作業時間でその利益もあっという間もなくふっ飛びます。笑

ただ、自分で張れる人が育つほうが音楽的にもきっともっと大きなものを生んでくれると信じてやっていますし、実際そうなんです。
そんな中、年々弦を張れない人が増えてるのはただただ寂しいものです。

もちろん、大人の方でホントは弦も一人で張り替えられる方からの「頼むわ、やっといてくれへん?」っていうのには応えますし、年配の方の「目ぇ見えへんし頼むわ~」にも応えます。
こちらももちろん無料でやってますが、この方々は「おおきに!じゃあ弦もう1セット買っていくわ」とか「兄ちゃんおおきに!釣りはいらんわ」や「じゃぁコーヒー飲んで~置いとくわ」みたいなやり取りがちょこちょこあるので、そんな人間味のあるやり取りで十分満たされるのです。

でも、気兼ねなく頼んでもらえるようにほんとは料金設定したほうがいいんだろうなとも思うんですが。。。若い子にはそれしたくないしね、年齢で分けるのも変だしね。
まぁいっか・・・ってもう23年。
PR


2018/08/06...(Mon)...00:14...
やりたい、出したい音楽や音をひたむきにに奏でようとしてれば、上手いとか下手とか二の次三の次。
「いや、それでも上手いほうが」は、わかるけど、結局最後はひたむきに奏でてる人が残るし、僕は残す。


2018/07/30...(Mon)...00:12...
知識は知恵になるまで熟成させると
ネタで終わらず糧になる。

そこからが人生のスタート。


2018/07/28...(Sat)...15:37...

拾得でBound!
ネッシー木村さんは僕の高校の先輩。

数年前、湊くんが僕に「日本で尊敬するドラマー、ネッシー木村」って教えてくれた。
それがその後、自分の高校の先輩だとわかった衝撃から数年。
そして今日、僕とネッシーさん共通の音楽の恩人である人の娘のヒメノアキラを連れてった拾得。
ネッシーさんは3歳くらいのアキラを散歩に連れてってたらしい。

3人共丹後あんだんて出身。

追記
9月号のドラムマガジンは藤掛正隆×湊 雅史の特集でDVD付きらしいよ!





2018/07/28...(Sat)...02:10...
数年前、湊くんが僕に「日本で尊敬するドラマー、ネッシー木村」って教えてくれた。
それがその後、自分の高校の先輩だとわかった衝撃から数年。

そして今日、僕とネッシーさんの音楽の恩人である人の娘のヒメノアキラを連れてった拾得。
ネッシーさんは3歳くらいのアキラを散歩に連れてってたらしい。




2018/07/27...(Fri)...13:51...
2018/7/21(土)
大山大吾郎 音楽人生50周年ライブ!at 永信防災会館
僕はいわば舞台監督での参加です。


『この会館でのこのライブ、
きっとカルチャーショック受けますよ。』

なんて言ってたら
一番カルチャーショックを受けたのはこの僕かもしれません。


ここでやるAMIGO'Sヤバいんだけど。
どこで聴こうが気持ち良い!
ということは。。。こりゃ弾けるぞ!!
何がって?ステージ上もきっとものすごく音が気持ちよく渦巻いてると思ったんです。
こんな時、バンドはすごいことになる!!
しかもオーディエンスも最高!!


大山大吾郎 音楽生活50周年ライブ
AMIGO'Sは記録を塗り替える凄まじいライブをしてしまった。
AMIGO'Sと音場の生み出すチカラが凄すぎる!!




大吾郎さん、いつまでも若々しく元気でお願いします!
おめでとうございます!!

場所: 飛田新地
この場所でのライブ、想像以上に女性の皆さんに好評で喜んでいただけて嬉しかった。


2018/07/27...(Fri)...12:49...
◆2018/7/19(木)
Spark7
ISAO(Gt) 星野沙織(Vln) 矢吹卓(Key) 瀧田イサム(Ba) SHiN(Dr)

この写真はサウンドチェック中のISAOの後ろ姿。
全体の音が出ると。。。あかん、素晴らしすぎて泣けて来た。
サウンドチェックやのに。
そんな一日の始まりやった。


琴線に触れるアンサンブル。
ISAOのやりたいことは、美しすぎる。
バイオリンとの相性がこんなに良いとは!
そして今回もキーボードの矢吹くんの存在は大きい。

また記録を塗り替えたでISAOは。
素晴らし過ぎる!!
まるで僕も憧れた海の向こうのあの音やった!!

今回初ジャックライオン登場のSHiNくん(Dr)と瀧田イサムさん(Ba) のリズムコンビネーションも無理な爆音皆無であのイケイケ具合!フレーズ全部聞こえるし、タイト!!だからこそ伝わるべきものが全部伝わってくる。

今や世界に飛び出してそのサウンドを奏でるISAO。
ジャックライオンの看板ギタリストと呼ばせてください。
下の写真は先日見つけた秘蔵ビデオの一コマ。ISAO高校三年生。
びっくりギターズにて珍しいTokaiの7弦ストラト試奏中。


ISAOの速弾きは、もちろん注目やろけど。。。彼のバラードに年々感動が増してるのは僕だけじゃないはず。



2018/04/30...(Mon)...23:59...
ブログを書いて10日ほどたったら一旦お蔵入りさせますが、
その後、引っ張りだしてはたわごとを

「蔵出し三面記事」

としてUPしてます。*Category【蔵出し三面記事】

年中いちいち細かいコト言うてます。




2018/04/22...(Sun)...13:34...
◆2018/4/21(土)
BabyK TRIP 2018 075 to 072


Baby Krishna Lovers Band + liquidbiupil
メンバー:野口新(Gt)土持和久(Gt)八木宏暁(Ba)渡部護弥(Dr)+liquidbiupil(light Show)

児玉真吏奈+liquidbiupil(light Show)

真吏奈ちゃんはどこまで行っちゃうんだろうね。
普段もステージの上でもとても「普通」な女性なのに出てくるものがとてつもない。しかもどんどんとてつもなくなってる。
よくありがちな変な娘主張が皆無でそこに引き込まれるような魅力があって。
新しく使いだしてるLOOPERの使い方がもはや器械じゃなくって生き物みたいで。
本番で突然使った振り子式のメトロノームとの絡みもこれまた天才的で。
本番前に急遽決まったliquidbiupilとのセッションも相まってもうすばらしくて。

そして関西初上陸BabyK。声がけしてムジークロックのワカマツさんと協力して実現したこの日。
初めてお会いするメンバー。これまたとても「普通」な方々。っていうか(後になって)聞けばみなさん普通の社会人でデザイナー/植木職人/大学の職員/IT系/動物園の職員まで!
そんないわば「社会人バンド」なわけです。でもそんなカテゴリーはとっくの昔に超越しちゃってて、僕はやられちゃうわけですよ。まさに25年ものの音。
どうやってできたんや?こんなバンドサウンド!?すんごい。

そしてなぜか火曜日にライブしたばかりの辰巳くん(Space Baa)までお客で来たもんだから僕の中の種火が大きくなりすぎちゃって異常発火となりまして。笑
リキッドライトはリキッドを垂らす際に手首が映るんやけど、それがまたリアリティーあって渋くてね。そんなところにも興奮する。

もう打ち上げでは限りなくダメおやじに(ハマーの喋りが火を付けた)なっておりましたがとにかく楽しく。
聞けば、いつも小さな箱での生音中心でのライブをやってるバンドだからちゃんと「音響」を通すのも初めてだとか。だからそんな緊張もあったとか。(メンバー談)
う~ん、長く続いてるバンドってクソかっこええなって感じさせてくれたBabyKなのでした。

この1週間はカラダの隅々まで血が入れ替わるようなすばらしい日々でした。
思いはあるにせよ、ある意味僕のわがままでもある企画に賛同やお付き合いいただいたみなさんに心からお礼申し上げたいと思います。
ありがとうございました。


2018/04/20...(Fri)...11:31...
上手いとか下手とかじゃなくってさ美味いとか不味いやねん。
でもまぁそんな不味いものはなかなか出会わんけどね、美味しいもんは出会うと幸せになるわな〜。
美味しい音が好きやねん。不ぞろいでも。


2018/04/14...(Sat)...11:28...
ぜんぜんダメだね~響きに反応しないもんな。
完パケにしか興味が出ないというか気づかないんだよね、きっと。
バンドマンなのに。。。
バラしたこと無いんだから。


2018/04/13...(Fri)...11:27...
確かに売れてるバンドはしっかりお客さんのことを見て音楽.してる。
「なんで俺達の音楽がわからんのだ!」なんて言ってくすぶってたりしない。
だけどね、そんな事言わずに素晴らしい音楽してる人たちがこの日本にはいっぱいいることを知らない人が多いのも知ってほしい。

ライブハウスはそのためにある。


2018/04/08...(Sun)...11:24...
憧れのあの人とやっとセッションできたのにその途端、その次のライブには来なくなるって話が全国各地に存在すると聞く。

せっかくそこからスタートなのに、まるでラスボスクリアしたみたいな感じなんやろね。

出会いがゴールじゃないよ。
そっからまだ知らなかった&見えなかった音楽が始まるんだよ。


2018/03/30...(Fri)...11:22...
「YouTubeにもっと凄い人居ったで~」なんてそれを言い出したら出会いなんてどうでも良くなるやんか。
ハッピーやラッキーって
ほんとに会って話したりプレーしたり出来ることだと思うんよね。

今のそこにある出会いがあなたの今の運命なんよ。素敵やん。


2018/03/18...(Sun)...11:20...
ROMみたいなバンド多いね。

僕はRAMが好き〜



アクセスカウンター
Powered by 忍者ブログ
Copyright © jacknohigeoyazi.All Rights Reserved.